一律料金で設定できる

会場

無理のない金額設定にする

地味婚が流行っていることもあり、あまり派手に費用をかける結婚式は好まないカップルが増えてきています。それに、結婚式をするお金がないというカップルもいることでしょう。そんな人たちに最適なのは会費制の結婚式です。特に若い人たちに向いている方法と言えるでしょう。というのも、出席する側も若い人たちばかりだと、ご祝儀も大して包めないからです。新郎新婦にしても出席する友人たちにしても、気兼ねなく結婚式をするためには会費制の方が無難です。会費制の結婚式の場合、最初から出席する会費が決められています。それがご祝儀代わりとなるわけです。会費制のいいところは誰もが同じ会費を支払うところでもあります。年齢や立場に関係なく一律なのです。そのため、あまりお金がない若い世代でも無理なく支払えるような額を設定しましょう。レストランウェディングのように、レストランで結婚式をする場合は会費制にしやすくなります。つまり、レストランにかかる食事代を会費にすればいいのです。これなら誰もがそこで食事をするので、ただ食事代を支払ったという感覚で会費を出すことができます。ただし、結婚式メニューになるのでコース料理が前提です。1万円のコース料理もあれば2万円のコース料理もあります。あとはレストラン貸し切り代もかかるため、その点も踏まえて会費を決めましょう。レストラン側からのお祝いも込めて、団体割引料金にしてくれることもあります。このように、いろいろと工夫をすれば割安で結婚式が挙げられるというわけです。